もずくにたくさん含まれるフコイダン

フコイダンは、もずくや昆布、メカブなどのぬるぬる成分を作り出す食物繊維の一種です。褐藻類に多く含まれる成分ですが、実は、含まれる海草の種類によって全く別の性質をもつものとして区別されています。では、どのように違うのでしょうか。フコイダンは、硫酸多糖という高分子の一種で、フコースという単糖が数十~数十万個もつながった鎖に、硫酸やウロン酸という成分がくっついたものです。フコースの組み合わせだけでも何通りもあり、硫酸やウロン酸の数やくっつく位置なども様々ですが、これらを総称してフコイダンと呼ぶのです。化学構造が違えば当然性質も違ってくるので、原料となる海藻の種類によって全く異なるものになるのです。もずくには、海草類全般の中でも最も多くの硫酸多糖が含まれ、その量は昆布の約5倍にもなります。その性質の特長は、昆布などと比べて硫酸基が非常に多いことです。これまでの研究で明らかになっていることとして、人間の体内に取り込んだ時にこの硫酸多糖が有効に働くためには硫酸基の結合量が13%以上あることが必要だということがわかっているのですが、もずく由来のものには硫酸基が15%以上あるものも存在することがわかっており、非常に有用なものであることがわかります。

もずくなどに多く含まれている成分フコイダンとは

フコイダンは、もずくやコンブ、わかめなどに多く含まれている成分で、健康食材として注目されています。中でも食物繊維は豊富とされていて、他にも抗がん作用、免疫力の向上などの効果が期待されています。摂取する場合はもずくやコンブなどの食品からでも可能ですが、最近だとサプリメントでも売られています。サプリメントはドラッグストア、コンビニエンスストアなどで売られていることもありますし、近所で売っているところがなければ、インターネットから通販サイトを利用するといいでしょう。通販でなら、24時間受け付けているところが多くありますし、移動する手間も省けて便利です。送料がかかる場合もありますが、注文する数次第で送料がかからないところもあります。また、そういったサイトの中には安売りキャンペーンを行っているところもあります。そういったキャンペーンは普段より安く手に入れるチャンスです。通販でのサービスを提供しているところは多数あります。フコイダンを注文する場合は、そういったサイトの情報を集めた上で利用すると値段や、効能などを比較できます。そういった情報も、インターネットを活用すれば探しやすいです。上手く活用してより良い商品を購入しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)