フコイダンが豊富に含まれるもずく

フコイダンという成分名くらいは聞いたことがある人も多いでしょう。主には海藻に含まれており、もずく、コンブ、ワカメ、メカブなどの滑りに含まれている成分をフコイダンと言います。昔からネバネバしているものは栄養価が高く、健康的な食品として知られていますが、海藻も例外ではありません。フコイダンの効果は多様であり、最も注目されている効果なのは抗癌作用です。ほかには、抗アレルギー作用、抗菌作用、抗ウィルス作用、生活習慣病予防効果、動脈硬化予防効果、美肌効果など現時点でも約15の効果が発見されています。海藻類に多く含まれている成分ですが、含有量が多いのはもずくだとされています。さらに、その中でも含有量が多いもずくにはワカメの5倍から8倍の成分効果があるとされています。なら、食べればいいじゃないかと思われるかもしれませんが、食事から摂るとしたら毎日1800グラムも食べなくてはなりません。1パック90グラムだとしたら、1日に20パック食べる必要があるという事です。これは流石に無理なので、健康食品を利用してみることをオススメします。手軽な方法で1日に必要な摂取量が十分に摂れるので、気になる方はぜひ利用してみてください。

フコイダンを摂取するならもずくから

フコイダンは、抗癌作用、抗アレルギー作用、抗ウィルス作用、美肌効果など多様な効能を持つ成分です。では、具体的にはどのような物に含まれている成分なのかということですが、ワカメ、もずく、コンブ、メカブの表面はヌルヌルしていますよね。その滑り成分がフコイダンなんです。実は、海藻類は滑り成分で自分の体を守っています。例えば表面に傷が付くと、そこから細菌が入り込まないように滑り成分で傷口を覆います。その滑りが傷口を保護し、修復機能も果たすのです。最近は日本人の食生活の変化によって海藻を食べる機会も減りました。しかし、日本古来の食生活は、生活習慣の予防にもなる多様な効果を持っているという事を忘れてはいけません。さて、この滑り成分ですが、海藻の中でも特に多く含まれているのが、もずくになります。ただし、フコイダンの1日の必要摂取量は1800gなので、もずくを食べて必要摂取量を補うのは少々難しい点でもあります。昔から毎日欠かさず食べているのであれば効果も発揮できているかもしれませんが、これから摂るとなると食事だけでは必要な量を補うのは難しいでしょう。そこで、手軽に補える健康食品を利用をしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)