不妊で悩んでいる女性

女性は子どもを産んで母親になるという素晴らしいものです。しかし、赤ちゃんを望んでもなかなか子宝に恵まれない人もいます。そういった人を不妊といいます。不妊で悩んでいる方は割りと多く、色んな原因があるようです。女性に問題があるケース、男性に問題があるケースそして、タイミングだけが合わない方など様々です。また、全く問題がない夫婦もいます。まずは、産婦人科へ行って先生に悩みを聞いてみるのが一番です。また自分の身体のことをよく知っておくためにも基礎体温を日頃からつけておくことが大切です。すると、少しは改善されるかもしれません。赤ちゃんを授かることは奇跡に近いと言われています。ですので、なかなか授からないからといってストレスをためることはよくありません。ストレスをためずに、毎日明るく前向きに過ごしていればきっと赤ちゃんを授かることが出来るはずです。

妊娠を希望する前にしておく不妊対策

私の周りにも不妊治療をしている方は沢山います。みなさん、まさか私たち夫婦がとみなさん思われるようです。結婚してから、生活の基盤が安定するまでとか、まだ若いからとか、もう少し遊びたいからなどすぐに妊娠を希望しなかった方は、もっと早く自分たちに不妊治療が必要な事を知っておきたかったと後悔します。暫く妊娠を望まない場合でも、受けておいてほしい検査があります。アンチミューラリアンホルモンの検査です。これは産婦人科で女性が受ける検査です。産婦人科での検査と聞くと二の足を踏んでしまいますが、この検査は血液検査なので体や心への負担は少ない検査です。この検査を受けると原始卵胞の残りがわかります。原始卵胞とは卵子の元です。原始卵胞の残りは個人差が大きく、この検査を受ける事によって自分があと何年妊娠する事が出来るのかわかります。それが分かればせっかくの妊娠可能期間を知らずに過ごして不妊に悩む事は避けられるでしょう。

不妊治療を受ける病院について

私は不妊治療を行っています。治療は自分にあった病院に出会えるかが大切だと分かりました。婦人科の中には不妊治療を行っていると看板を挙げている病院があります。しかし、先生の中にはさほど不妊治療を得意としていない場合もあります。また、病院によって検査内容もさまざまです。基礎体温表を必ず持参しなければ所や、生理周期によって血液検査を行う病院などさまざまです。また、原因は人それぞれですし、原因がはっきりと分からない場合も多いです。そのため、自分が納得のいく検査をしてくれる病院を探して、納得のいく治療が受けれるか考えてみてください。そして、自分に合わないと思ったり、もう少し別の病院を見てみたいと思った場合は、とりあえず別の病院へ行ってみるのもよいと思います。治療が進んでしまうと転院しづらくなりますので、早いうちに検討するのもよいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)